スポンサードリンク

爪水虫 悩み

爪白癬 (つめはくせん)またの名を爪水虫
「症状」

足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり
それが白癬菌の温床となる。
長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症する。

最初は爪ではなく、爪と隣接する指先が水虫となるケースが多く
そこから爪の間へと感染することで、ゆっくりと進行していく。

爪水虫になると、初期では爪の先の色が、白っぽくなるだけであり、自覚症状はない。
しかし、次第に指側に侵食していき、最終的には爪全体の色が
白色・黄色・黒色に変色する。

爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れる。
それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となる。


「患者層」

爪水虫は、長期間にわたり水虫を患っている人ほど、かかりやすい病気である。
中高年が患いやすい病気と言えるが、10代や20代であってもかかる病気である。

かつては男性の病気とされていたが
女子大生たちがブーツを履いたり、OLのように靴を履き続けることが増えたため
女性でも爪水虫にかかる事が多い。

posted by 悩美 | Comment(0) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人には言えない悩み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。