スポンサードリンク

水虫 言えない悩み

水虫とは?

「角化型白癬(かくかがたはくせん)」と
「汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)」の2種類がある。


水虫の名は、田んぼで耕作をしていた人の足に水虫ができたことから、
水の中にいる虫に刺されたと考えられたことに由来するという説がある。

白癬菌が高湿度を好むため、いずれも高温多湿の梅雨の頃から秋口にかけて症状が悪化する。
白癬菌が特に足に感染しやすいのは、後述するように白癬菌に触れやすいからと
高湿度環境が長時間維持されるからである。
特に、靴を長い時間履きつづけると通気性が悪くなり蒸れて、菌の活動が活発となる。
日本では梅雨から夏場の高湿度な環境が長く続くため
靴を履いている時間が長い欧米人より水虫感染率が高く、一般的な病気である。

白癬菌は角質内部へ侵食し定住する。この領域では白血球による駆逐も不可能である。
また皮膚の新陳代謝以上のスピードで侵食するため、自然治癒はほぼ期待できない。

白癬菌の角質侵食が進み、皮下組織等まで到達すると炎症を起こし、かゆみ等が発生する。
よって白癬菌に感染していると必ずかゆみ等の自覚症状がある訳ではない。
また自覚症状も皮膚がぼろぼろになったりならなかったり
かゆみのみだったり、かゆみも耐え難い程から殆ど自覚出来ない程と幅がある。







posted by 悩美 | Comment(0) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人には言えない悩み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。